Pocket

先日、ロキソニンを買おうと思ってドラッグストアのウォンツに行きました。
そこで初めての経験をしたので書いてみます。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ウォンツで割引クーポン券をもらった話。薬剤師不在の店舗

ロキソニンが薬剤師不在で購入できず

ロキソニンは第1類医薬品のため、薬剤師さんがいないと購入できません。
僕が店舗に行ったときは薬剤師さんがお休みだったので購入できませんでした。
その説明のポップがあったので、いつもならそのまま帰るのですが・・・。

Embed from Getty Images

ちょうどレジが空いていたので、レジの店員さんに「明日は薬剤師さんがいるかわかりますか?」と聞いてみました。
すると薬剤師さん出勤の予定表と一緒に薬の1割引クーポン券をくれました。

Embed from Getty Images

ちなみに、その割引券は第1類医薬品の1点に対して有効とのこと。
まとめ買いしたところで、割引が適用されるのは1商品だけってことですね。
ロキソニンは600円台だし、1割引かれたところで金銭的にはあまりお得感はないのですが・・・。
まあでも、なかなか面白い体験をしたので、話のネタに書いてみました!

スポンサードリンク

第1類医薬品と第2類医薬品の違い

ロキソニンは有名な鎮痛剤ですが、第1類医薬品なので薬剤師さんがいないと購入できないのが少し不便・・・。
ちなみに第1類医薬品と第2類医薬品の違いというのはイメージ通りです。
簡単に言うと、作用も副作用のリスクも高いのが第1類医薬品です。
第2類医薬品というのは、ドラッグストアにも陳列されていますが、第1類医薬品は空箱が置かれるなど、商品は手に取ることができません。

Embed from Getty Images

ロキソニンの他、有名どころではガスター10も第1類医薬品になります。
確かに作用は良く効くイメージはありますが、副作用というのは体感としてはないですからねー。
サプリメントでもそうですが、作用があれば副作用もあるのは当然のことです。
まあ、用法容量を守れば、基本的には怖いものではないですから、うまく付き合っていきたいですね!

スポンサードリンク