Pocket

先日「定期預金満期のご案内」という手紙がゆうちょ銀行から届きました。
まあ、僕のことではなく祖母のことなのですけどね。
確か、以前「自動的に通常貯金に戻しますよ」って通知が来たはずなので放置していたのですが・・・。
何か手続きが必要なのかと思い、僕が代理で話を聞きに行きました。

Embed from Getty Images

10年の定期預金が満期に

どうやら10年の定期預金が満期になっていたようで、それは理解していたのですが。
で、自動的に通常貯金に戻るのですが、預け替えをしてくれませんかと言われました。
定期預金満期のご案内という手紙は「またお金を預けてください」ってことだったわけですね。笑

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 定期貯金満期のご案内の手紙がゆうちょ銀行から来たので預け替えに

ゆうちょ銀行で定期預金の預け替え

ということなので、放置しようかと思ったのですが、後日祖母を連れて定期預金の預け替えの手続きに行きました。
必要なものは「通帳」「印鑑」「身分証明書」です。
時間も10分とかからないぐらいだったと思います。
こんなに早く終わるものだっけ?って感じでした。

Embed from Getty Images

「お金はおまえにやる」ということも言ってくれたので、半年後に満期を迎えたら僕名義で定期預金をしてもらいたいですね!
まあ、祖母が発言を覚えていればの話だけど。笑

スポンサードリンク

なぜ高齢者は詐欺に黙れるのか

祖母が銀行に行くときは、僕が付き添いに行くことがほとんどです。
で、その時に思うことが「詐欺師に騙されてお金を振り込むのも無理はないな」ということです。
なぜかと言うと、祖母を見ていて思うのですが、相手(銀行員)が何を言っているのか理解していません。

Embed from Getty Images

「ここに〇〇の記入をお願いします」と言われて用紙に記入をするわけですが、たぶん自分が何を記入しているのかわかっていません。
過去には預金を引き出しに行き、引き出した後、言われるがままに定期預金の用紙を書いていましたが・・・。
あの時も自分が何を書いているのかわかっていなかったと思います。
何を言っているかわからないから、とりあえず言うことを聞いておこう、そんな感じです。

Embed from Getty Images

もし銀行員を語る詐欺師が来たら・・・

例えば家に銀行員を語る詐欺師が来たとして・・・。
いまなら金利がどうだ、プレゼントがどうだと、定期預金をしませんかと言ってくるとするじゃないですか。

Embed from Getty Images

で、定期預金をするということになり「手続きにキャッシュカードが必要です」と言われたら渡すと思います。(我が家の祖母はカードを作ってないけど)
用紙に「暗証番号を書いてください」と言われたら書くと思います。
相手の言うことの意味がわかっていないので、とりあえず言う通りにしようとしますからね。

スポンサードリンク

詐欺師に騙されないための対策

と言っても、我が家では祖母が詐欺に騙されてしまうことはないでしょう。
と言うのも、通帳や保険証などの管理は基本的に僕がしているからです。
詐欺師に騙されるときは僕が騙されたときです。笑(そもそも同居人がいるなら詐欺師は来ないだろうけど)

Embed from Getty Images

このように家族が通帳などを管理すれば詐欺師に騙されてしまうリスクはグッと下がります。
その一方で、管理するのは難しいのが普通だと思います。
離れて暮らしていれば物理的に難しいし、同居していても心情的に難しいでしょうし。
何にしても詐欺師対策というのは難しいものですね。

スポンサードリンク