Pocket

端午の節句に飾るものといえば、鯉のぼりが思い浮かびます。
そして、もう1つ「武者人形」も端午の節句に飾りますね。
五月人形と言った方が馴染みがあるのかな?
我が家にも僕が子供の頃には武者人形が飾られていましたね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 武者人形とは?一緒に飾るものや片付ける時期。種類もいろいろ!

武者人形を飾る意味とは?

古くは男の子のいる武士の家に兜や太刀を贈る風習があったようですね。
それが次第に鎧兜や武者人形を飾る風習へと変わっていったようです。

鎧兜というのは武士にとって自分の身を守る大切なものです。
雛人形と同じように「子供の代わりに災いを引き受ける」という意味もあるようですね。
そしてイメージ通り、強く立派な子供に育つようにという願いも込められています。

Embed from Getty Images

武者人形の種類

武者人形というのは強さの象徴とされる人物や魔除けの神様も飾られます。
鎧兜は少し怖くて不気味な感じもするのですが、武者人形は少しかわいい感じになると思います。
鎧兜と違って顔があるので、お子さんにも馴染みやすいと思います。
金太郎や桃太郎の人形いうのがわかりやすい例ですね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 武者人形とは?一緒に飾るものや片付ける時期。種類もいろいろ!

そして弁慶や牛若丸が飾られることもあるようです。
魔除けの神様というのは、鐘馗(しょうき)という中国の魔除けの神様があります。
神楽にも登場するみたいですね。

スポンサードリンク

端午の節句の武者人形飾りつけ

ひな祭りと違って端午の節句に華やかなイメージはないかもしれません。
ですが、家庭によっては豪華な五月人形を飾られるところもあるようですね!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 武者人形とは?一緒に飾るものや片付ける時期。種類もいろいろ!

これとか凄く豪華ですね。
僕の記憶では我が家にはケースに入った武者人形が飾られていた(置いてあった)と思います。
ここまで豪華だと飾りつけも大変でしょうねー。

スポンサードリンク

武者人形は菖蒲と一緒に飾る

端午の節句に武者人形を飾るときには菖蒲(しょうぶ)を一緒に飾るとされています。
菖蒲というのは魔物を祓う植物とされているみたいですね。
子供の日には菖蒲湯につかるという風習もあります。
(菖蒲には尚武-武を尊ぶ-や勝負との語呂合わせの意味もあるみたい)

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 武者人形とは?一緒に飾るものや片付ける時期。種類もいろいろ!

ちなみに菖蒲というのは八百屋さんとかでも買えるものですね。
子供の日は菖蒲シーズンともいえるので、スーパーにも売っているはずです。
また、菖蒲を飾るときには「菖蒲人形」でも本物の菖蒲でもどちらでも良いみたいです。

Embed from Getty Images

武者人形のそばには柏餅とちまきも

端午の節句の食べ物といえば「柏餅」と「ちまき」です。
柏餅の柏は、子孫繁栄を意味する植物。
柏は新芽が出るまで葉を落とさないことから、縁起物とされているみたいですね。
ちまきは邪気を祓う食べ物とされています。

Embed from Getty Images

柏餅と言うのは馴染みのある和菓子だと思いますが、ちまきというのは普段食べないですからね。(たぶん)
正直僕は人生で食べた記憶すらないのですが、みんな食べるのかな?
ちまきと言われてもピンときませんでした。

Embed from Getty Images

武者人形を片付ける時期

雛人形というのはすぐに片付けるようにという言い伝えがあります。
ですから、武者人形にもすぐに片付ける風習があるのかといえば、そうではないみたいです。

そうは言っても、鯉のぼりも同じことですが2週間も過ぎれば片付けた方がいいみたいですね。
湿気を含まないように天気の良い日を選んで片づけをすると良いとされます。

Embed from Getty Images

端午の節句の思い出

僕には端午の節句と言われても、それらしい思い出はありません。
立派な鯉のぼりは飾られていましたと思うけど。

子供の日だからおもちゃを買ってもらったり、好きなものを食べたりとか、そんな感じだったと思います。
それはそれでいいのですが、いま思えば行事食ぐらいは楽しむのもいいかなーと思っています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 武者人形とは?一緒に飾るものや片付ける時期。種類もいろいろ!

まあ、ちまきや柏餅というのはお子さんが食べたいと思うかどうかわからないけど。笑
このような行事というのは普段食べないものを食べる良い機会でもありますからね。
行事食を楽しむというのも、大人も楽しめる子供の日だと思います。

スポンサードリンク