Pocket

僕はファッションに気を使う男ではなかったのですが、30歳を迎えるにあたり少しは気を使おうと思うようになりました。
僕みたいに年齢を重ねるにつれて、ファッションに気を使いたい、気を使う余裕が出来る人も多いと思います。

Embed from Getty Images

僕はそういう人のための最初のステップとして洋服の青山をおすすめします。
ということで、僕が考えるファッション初心者の洋服の青山のおすすめできるポイントを紹介していきます!
※他店と比較した上での相対評価ではなく、青山の絶対評価でのメリットです

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 洋服の青山をファッション初心者におすすめする理由

洋服の青山は全国各地にある

おすすめ理由の1つ目は、全国各地にあるということです。
公式サイトによると17年3月31日現在で805店舗とあります。
田舎だとそもそも服を買うお店がないということがありますよね。
僕は田舎なのでよくわかりますが。笑

Embed from Getty Images

青山も地方になると品揃えが悪くなるのですが、通販サイトもあるのでサイトで調べて気になった商品を取り寄せることができます。
そのぶん時間はかかるけど、地元に置いていない服が買えるのをメリットと思うようにすると良いですね!
(限定的なメリットではあるのですが、これを1つ目としました)

スポンサードリンク

洋服の青山は商品がひと通り揃っている

洋服の青山と言えば「販売数世界一」と言われるスーツのイメージです。
他にも靴や鞄、ハンカチや財布といった小物などビジネスに必要なものはひと通り揃っています。

Embed from Getty Images

そして、当然ではありますがカジュアル服もあります。
ファッションに関することは青山に行けば、とりあえず商品が揃うのは初心者にとってメリットの1つです。

Embed from Getty Images

洋服の青山は意外とかっこいい

洋服の青山といえば、かっこいいイメージはありません。
どちらかと言えば、かっこ悪い印象を受けるかもしれませんね。笑
そういうイメージがあるのは量販店の宿命みたいなものなので仕方がありません。

Embed from Getty Images

ですが、自分にあった服を選ぶことで、十分にかっこいい大人の男になることができます。
まあ、かっこよくないイメージがあるのはベーシックなファッションになるからかもしれませんね。
とはいえ、流行を追うよりベーシックなファッションを心がける方がかっこいい男になれると僕は思いますよ。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

洋服の青山はコーディネートしやすい

洋服の青山は基本的にはベーシックなアイテムが揃っています。
これがファッション初心者にとっては意外と重要なポイントです。
男のファッションは「休日出勤かな?」って思われるぐらいでもちょうどいいです。
変にカジュアル感は出さない方が印象が良くなるし失敗も少なくなります。

Embed from Getty Images

洋服の青山は店舗に気楽に入れる

ファッションに興味がないと、そもそも服屋に入るのが気後れするという人は多いです。
服屋に行く服がないというジョークもよく聞きますが。笑
その点、青山であれば比較的気楽に店舗へ入ることができるでしょう。
これも意外と重要なメリットの1つになりそうですね。

Embed from Getty Images

洋服の青山は店員さんの接客も良い

洋服の青山は大手の量販店だけあって、店員さんの接客もしっかりとしています。
ただこれはメリットである一方、積極的に話しかけてくるので、話しかけてほしくない人にとってはデメリットになるかもしれません。
話しかけてほしくない気持ちもわかるのですが・・・。
店員さんと仲良くなることはメリットもあるし、コミュニケーションをとりながら服を選ぶことをおすすめします。

Embed from Getty Images

というか、サイズ選びはもちろん、青山の場合は値引きの話をしないといけないので、買う前には絶対に店員さんとお話をしましょう。
店員さんにコーディネートを聞いておけば安心できますしね。
お店に入ったら服よりも先に店員さんをチェックして、自分から良さそうな人を捕まえるというのも1つの手ですね。笑
ちなみに値引きは交渉が必要というわけでもないのですが、そこらへんのことも別の機会に話していきたいと思います。

Embed from Getty Images

洋服の青山は意外と安くはない・・・

ざっと思い浮かぶところでは、ここらへんがメリットになります。
やはり初心者にとっては量販店の気軽さと機動力は大きな魅力ですね。
ただ、洋服の青山は量販店ということもあり安いイメージはありますが、メリットになるほど安くはありません。

半額キャンペーンを狙ってもジャケット、パンツ、シャツの1セットで3万円。
靴やベルト、さらにもう1セットぐらい買えば10万円なんてすぐです・・・。
僕みたいにファッションにお金を使ってこなかった人にとっては大きすぎる出費です。

Embed from Getty Images

もっと安くまとめることは可能

もちろん、もっと安く半分以下の出費で済ませることはできます。
でも、ビシッとかっこよく決めるには青山の中でも良い価格帯の商品をおすすめします。(具体的に言うとHILTONとMORLESいうブランド)

Embed from Getty Images

良い服を買えば着たときはもちろん、普段の服のケアから意識が変わってきます。
そういうところから男の内面も磨かれていくものですからね。
かっこいい大人の男へステップアップするために、無理のない範囲で惜しまず出費をしたいところですね!

スポンサードリンク

ベーシックなファッションは難しい

いずれにしても、ファッション初心者はベーシックなファッションを心がけるべきです。
ただまあ、そのベーシックなファッションというのが難しいです。
なにが難しいって、そういう商品を買うのが難しいのです。
シンプルなアイテムというのは面白味がないので「どうせ高いお金を払うのなら・・・」と派手なジャケットを買ったりしてしまいがちなのです。笑

Embed from Getty Images

気持ちはわかるのですが、そこを堪えることが必要です。
あとファッション誌に載っているようなコーディネートを参考にするのも危険です。
欧米ファッションを紹介していて日本人には合わないことが多いからです。

Embed from Getty Images

とにかくシンプルな着こなしを意識することが大切です。
変に色気を出すと「俺イケてるでしょ」風になって痛いおっさんになってしまうかもしれません。
洋服の青山であれば、いわゆるモード系の服もないし、その点でも失敗しないコーディネートがしやすいですよ。

スポンサードリンク