Pocket

雨の日は外に出るのが嫌なものですよね。
ただ、用事があるとなると雨でも外に出向く必要はあるわけですが。

とはいえ、雨の日は中止にするべきかどうか迷う用事もあります。
例えば雨の日の墓参りです。
「雨の日は墓参りに行かない方が良い」とも言われることがありますからね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 雨の日の墓参り。掃除や線香、作法やマナー。しない方が良いのは迷信

雨の日は墓参りに行かない方が良いと言われる理由

僕は知らなかったのですが、雨の日は墓参りに行かない方がよいと言われることもあるようです。
ただこれは、マナーの問題などで言われていることではありません。
昔からの言い伝えではあるのですが、今となっては迷信に近いものがあります。

Embed from Getty Images

わかりやすい理由の1つに、昔のお墓というのは現代のように整っていた場所ではないことです。
足場が悪いので衛生的に問題があったり、コケたりして怪我をしてしまう危険性も現代よりずっと高いわけです。
それこそ、昔は土葬の文化があったわけですから、余計に衛生的に問題があったようです。
もちろん、現代でも足元が悪くなり危険なこともあるかと思いますが、雨の日の墓参りが禁止されているようなことはありません。

スポンサードリンク

雨の日の墓参りでの掃除

雨の日は足元が滑りやすくなることに変わりはありません。
お墓というのは石の上であるところも多いですし、そういうところは特に滑りやすくなります。

掃除の際には花立など動かすこともあると思いますが、そういうものも滑りやすくなり危ないですよね。
ただ、雨の日はすでに濡れているので、タオルやスポンジなどで拭くだけで、晴れの日以上にきれい掃除ができるかもしれません。

Embed from Getty Images

雨の日の墓参りで線香はどうする?

雨の日の墓参りでわかりやすい問題が、線香やロウソクの火です。
傘の中などで線香に火をつけることはできますが、すぐに雨で消えてしまいますよね。
香炉がむき出しでない墓石もありますが、それでも雨ならすぐに消えてしまうでしょう。

Embed from Getty Images

ですが、線香やロウソクの火というのは消えても問題ないし、作法としては火をつけずに供えるだけでも良いとされています。
そのまま置くだけでも供養になるそうですよ。
だから、そういう意味では雨の日の墓参りは問題ないとされています。

スポンサードリンク

雨の日の墓参りは要注意して

ということなので、雨の日は墓参りに行かない方が良いという決まり事があるわけではありません。
ただ、雨の日は晴れの日より墓参りがしづらいことに変わりはありません。
また「雨の日の墓参りはよくない」という迷信のようなものがあるのも事実です。
そういうことを気にする方もいると思うので、それならば無理に雨の日に墓参りをしない方が良いでしょうね。

Embed from Getty Images

いずれにしても、さすがに土砂降りのような天気であれば、墓参りはしない方がいいですよね。
雨の日の墓参りは物理的な問題はあっても、作法としては問題ありません。
ですのであまり難しいことは考えずに、雨でもお参りができるような場所ならお参りするのもいいですね。

スポンサードリンク