Pocket

靴の臭いというのは珍しくない悩みの1つ。
靴=臭いというイメージもあるし、誰だって不安になるのは当然です。
ちなみに臭いの原因というのは汗というよりも雑菌になります。
つまり菌が繁殖する環境である限り、靴や足の臭いというのはなくなりません。
一時の対策もいいですが、靴との付き合い方も変えていく必要があるわけですね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 革靴が臭い原因物質は汗ではなく雑菌。水虫対策にも湿気に注意!

本革の靴を選ぶこと

革靴といえば通気性が悪いイメージがあるかもしれません。
通気性が悪いというのは、それだけ菌が繁殖しやすい環境です。
ですが、本革の製品であれば通気性が悪いものではありません。
まあ、通気性にこだわるのであれば中敷きや靴底も本革でないといけないのですが・・・。

Embed from Getty Images

革靴というのは表面から汗を蒸発してくれるものなのです。
せめて表面だけでも本革の靴を履き、人工革の靴は避けたいところです。
(人工革は雨の日用とかにするのもいいですね。)
そして最低限のケアをすることで、臭いの問題はクリアすることができます。

スポンサードリンク

靴はローテして毎日履かない

「足は1日でコップ1杯の汗をかく」という話を聞いたことがあるかもしれません。
そう言われてもピンとはきませんが、それくらいの汗をかくなら恐ろしいものですよね。
そして、そんなに汗を吸ったのであれば同じ靴を毎日履いてはいけないこともわかります。

Embed from Getty Images

靴は1日履けばたくさんの湿気を吸収しているので、翌日も履けば湿気を出しきれていないのに履くことになってしまいます。
だから、せめて3足は用意してローテしながら履きたいところです。
気分やコーディネートに合わせて5足も持っておけば十分なのですが、まずは3足。
5足以上になると趣味の領域ですな。

Embed from Getty Images

脱いだ靴は乾かすこと

脱いだ靴はきちんと乾かす必要があります。
革靴であればシューキーパーを入れるのは絶対に欠かせないことです。
シューキーパーは靴の型崩れを防ぐためにも必ず必要ですからね。
つま先が反り返ったような靴を履いていると、とても残念に見えちゃうので注意が必要。
そして、木製のシューキーパーであれば湿気を吸ってくれると言われます。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 革靴が臭い原因物質は汗ではなく雑菌。水虫対策にも湿気に注意!

1日履いた靴はシューキーパーを入れて、ササっと磨いで簡単な汚れやほこりを落とす。
これは必ず習慣化させたいところです。
ちなみに靴の湿気をとるのに新聞紙を使うというのはよくある方法ですが。
新聞紙を詰めるとうのはシューキーパーの代わりにもなります。

Embed from Getty Images

靴下も臭い対策されたものを履く

靴や足の臭い対策として、臭い対策がされている靴下を履くという、わかりやすいものがあります。
菌が繁殖しないような靴下ということですから、気になるならそのような靴下も履きたいところですね。

Embed from Getty Images

足の汗を汗拭きシートで拭く

それと、こまめに足の汗を拭くというのも対策の1つ。
足に限らず脇の下など臭いやすいところは清潔を保ちたいところです。
そこで普段からデオドラントシートを活用したいのですが、足も一緒に拭くようにしましょう。
タオルで拭くよりもデオドラントシートを使い倒す方が良いですね。
1日に何度も同じタオルを使うと、タオルで菌が繁殖するので。

Embed from Getty Images

靴が臭わないように足を清潔に保つ

そして、当然ですが毎日のお風呂では足をきちんと洗わないといけません。
足の指の股もしっかりと洗うように意識しましょう。
あと、爪を伸ばすと菌が繁殖する温床にもなるので、足の爪の指もきちんと切りましょうね。
足の爪は手の爪と違って少々伸びても気にならないのですが注意が必要ですね。

Embed from Getty Images

靴を清潔に保ち水虫対策も

日本は湿気が多いので水虫に悩まされている人も多いです。
だからこそ、余計にでも靴との付き合い方が大切になってきます。

Embed from Getty Images

すでに水虫になってしまっているのであれば、通院してきちんと治すことです。
そして、靴との付き合い方を改めれば水虫に悩まされることもありません。
日本でも草履時代は水虫なんてそんなになかったでしょうしね。

Embed from Getty Images

臭い対策はやりすぎぐらいでちょうどいい

靴の臭いに限ったことではないのですが、臭い対策はやりすぎぐらいでちょうどいいです。
臭いの問題はとてもデリケートなことです。
靴や足の臭いというのは自分でも自覚しやすい面がありますが、本来体臭というのは自覚が難しい問題です。
誰だって他人の臭いで嫌な思いをしたことがあるでしょうが、その臭いを指摘することはできないですからね。

Embed from Getty Images

香水など匂いを足すことはやりすぎてはいけません。
でも悪い臭いを消すことに関してはやりすぎぐらいがちょうどいいのかもしれません。
それくらいの意識を持てば悪臭で周りの人に迷惑をかけることはなくなるはずです。

スポンサードリンク

靴との付き合い方を変えること

少し話が脱線しましたが、現状靴の臭いが気になるのであれば、靴との付き合い方を変えないといけません。
湿気の吸収した靴を履かないなど、靴の履き方を改める必要があるはずです。
そんなに大変なことでもないので、ぜひ普段から気を付けてくださいね!

スポンサードリンク