Pocket

紳士服において、靴とベルトの色を合わせるのはド基本になります。
そして、靴やベルトと近い位置にある革製品である、鞄も同じ色の方が良いのかという疑問も生まれます。
実際に「同じ色に合わせた方が良い」と言われることもありますからね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 鞄や靴やベルトと色を合わせるべきなのか?おしゃれに見せたい場合

鞄を合わせるのは難しい

正直、鞄をいつも同じ色に合わせるのは難しいですよね。
黒系や茶系でいつも合わせることもできなくはないでしょうけど・・・。

Embed from Getty Images

そうはいっても「黒靴しか履かない」「茶靴しか履かない」とか、ないじゃないですか。
装いに興味がない人なら毎日同じ靴を履くということはあるでしょうけど。笑
鞄の色も合わせた方がいいのか?と悩むような人は「毎日合わせるのは難しいのでは・・・」と思っているはずです。

スポンサードリンク

鞄をローテするという方法

靴をローテするように「鞄もローテする」という考え方もあるかもしれません。
茶系と黒系の鞄があれば、ビジネスの場では合わせることができるかもしれません。
ですが、プライベートの場ならともかく、仕事で使う鞄がコロコロ変わるというのは、やや落ち着きがなく軽い感じもしてしまいます。

そのようなことを考えても、無理に鞄の色を合わせる意識は必要ありません。
確かに合わせた方が見栄えがよくなることはあるでしょうが、だからと言って合わせるべきというマナーがあるわけではありません。

Embed from Getty Images

鞄の色を合わせて粋に見せるなら

まあ、そうは言っても鞄の色を合わせて粋な男に見せたい願望もあるかもしれません。笑
粋に見せたいのであればベルトや靴ではなく、鞄の中に入れる小物に合わせるといいですね。

例えば財布や名刺入れ、手帳やブックカバーなど、鞄に入れる革製品ってあるじゃないですか。
色を合わせたいのであれば、それらのものを鞄の色と合わせるといい感じになります。

Embed from Getty Images

この手のこだわりというのは「わかる人にはわかる」ことを意識することが重要です。
あからさまに「俺イケるでょ?」みたいに、気づいてほしいオーラを出すと滑ってしまいますからね。
いつも言うことなのですが、女性に「おしゃれですね」と言われたらやりすぎ考えた方がいいです。
嫌味で言われたと思って見直した方がいいですね。

Embed from Getty Images

鞄は好きなものを買うのが1番

鞄というのは物によっては一生ものになるかもしれない買い物です。
だから、自分が1番気に入ったものを購入するのが1番だし、それで問題はありません。
もちろん「自分の仕事の場にふさわしいのか」ということは考えないといけませんが。
「本当はこっちの方がいいけど、色を合わせるなら・・・」とか、考えなくて良いわけですね。

Embed from Getty Images

鞄はコーディネートじゃなく用途に合わせる

いずれにしても、鞄というのは用途によって変えるものです。
いつもより荷物や資料が多いときには、革製よりも容量が多いナイロンバックを使うのもいいでしょう。
革製に比べると見栄えが軽くなってしまうけど仕方がありません。
革製の鞄にパンパンに詰め込めば、もっと見栄えが悪くなってしまいますしね。

Embed from Getty Images

鞄はあくまでも用途に合わせて使い分けるものであり、コーディネートによって使い分けるものではありません。
プライベートではその限りではないでしょうけど、ビジネスの場ではコーディネートよりも用途です。

身だしなみに気を使うのは大切なことではありますが、あまり完璧を目指すというのもね。
ちょっとしたことでも気が抜けなくなってしまいます。
男の身だしなみというのは相手に不快感を与えないことが第一ですので、隙を見せないぐらいガチガチに決めるのも疲れてしまいます。

Embed from Getty Images

女性はその限りではない

ところで、さっきから載せているキャサリン妃は鞄をコーディネートと合わせていてとても素敵です。
ただ、これはあくまでも女性だからということを忘れてはいけません。
女性にとって鞄はコーディネートの一部だし、ファッションアイテムになります。
ですが、男にとっての鞄というのはファッションアイテムというよりビジネスツールじゃないですか。

Embed from Getty Images

鞄に限ったことでもないのですが、男は女性のように着飾ることは考えなくていいです。
ウィリアム王子はベーシックな装いで、キャサリン妃の引き立て役に徹していて素敵ですよね。
また、女性が鞄をうまくコーディネートされていたら気が付けるようにしたいものですね。

スポンサードリンク

鞄は手入れも必要

革製品の鞄はきちんと手入れをしないといけません。
手入れの方法というのは、そう難しいものではないです。
月に1回ぐらい、布で汚れをふきとってから皮革クリームを塗って磨くだけです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 鞄や靴やベルトと色を合わせるべきなのか?おしゃれに見せたい場合

「そんなに高価なものじゃないからいいや」と思うかもしれませんが・・・。
そういう考えだといざ高価な鞄を買ったときに、手入れがおぼつかないでしょう。
毎月とは言わなくとも、3ヵ月に1度でもいいので練習のつもりで磨く習慣は持った方がいいですね。

スポンサードリンク